TOPICS 2015
2015年11月24日(火) スノードライビングスクール、スノートライアルお知らせ動画
八ヶ岳グレイスホテル様にスノードライビングスクール、スノートライアルのお知らせ動画を制作していただきました。たくさんのご応募をお待ちしております。
・申し込み、お問い合わせは八ヶ岳グレイスホテルへ。TEL:0267-91-9515
2015年11月16日(月) 12/19~八ヶ岳・スノードライビングスクール、スノートライアル開催
  今年度も八ヶ岳でシノケンスノードライビング、スノートライアルを開催いたします。今シーズンのチラシが完成いたしましたのでご案内いたします。
・12/19(土)より3月上旬まで。
・申し込み、お問い合わせは八ヶ岳グレイスホテルへ。TEL:0267-91-9515

クリックで拡大します。
2015年10月29日(木) 立命館大学 with SHINOZUKA 総合4位
 8月1日、鈴鹿サーキットにて行われました『鈴鹿ソーラーカーレース』に出場した篠塚建次郎がドライブする“立命館大学 with SHINOZUKA”チームが、4時間耐久レースで総合4位、社会人クラスは2位の成績をおさめましたのでご報告申し上げます。
2015年8月24日(月) 『アジアクロスカントリーラリー』の結果報告
 残暑お見舞い申し上げます。18日にタイから帰国しました。 『アジアクロスカントリーラリー』の結果報告です。
8月9日(日)〜14日(金)までタイで行われました“アジカン”に参戦し、 総合2位・改造車ガソリンクラス優勝という成績でゴールしました。 今回の好成績( 非力なスズキジムニーで駆けての総合2位は高い評価を得)は 結構あちこちで話題になっているようです。 「まだまだ篠塚建次郎は現役で行ける!」と確信できた競技結果となりました。
※画像はクリックすると拡大します。
【東京中日スポーツ 8月11日】 【東京中日スポーツ 8月12日】
【東京中日スポーツ 8月13日】 【東京中日スポーツ 8月14日】
【東京中日スポーツ 8月15日】 【東京中日スポーツ 8月16日】
2015年4月16日(木) 『第63回Rally Costa Brava』のレポートチラシ
 先日参戦した『コスタブラバ』のレポートチラシが出来上がりました。
 
クリックで拡大します。
2015年3月29日(日) 『第63回Rally Costa Brava』を走り終えて
 2015年3月13日(金)・14日(土)の2日間、伝統のヒストリックラリー選手権『コスタブラバ』に東京大学工学部の学生たちで編成する「Team剛」のドライバーとして挑戦してきました。
このタイプのラリーは初めてでしたが、主催者の思い入れ、出場者の情熱、それらを取り巻く環境のすべてが想像を超えるもので、1986年に初めて『パリ・ダカ』に出場した時にも似た高揚感がありました。 今回出場した主目的である学生たちへの社会教育は充分果たせたと思います。 総勢23名のチームメンバーが同じ目標に向かって行動する事の難しさと素晴らしさ、海外で戦う事の大変さを知り、ヨーロッパにおいてモータースポーツは実にポピュラーで歴史があるのだと言うことを体得したようです。このプロジェクトに関わった学生たちはグローバルな視点を広げ、車に対する理解と愛着を少なからず深めてくれたのではないでしょうか。
結果はレギュレーションクラスに出場した24台中10位。 プロジェクトの顧問である草加浩平特任教授は“ラリーに出場するからには優勝を目指しますが、それはあくまでも『目標』であって『目的』ではない”と言ってはいますが、せっかく私を指名してくれたのですから、それも往年の三菱ランサー1600GSR(A73)を駆ったのですからもっと上位に食い込みたかった。それが今の正直な気持ちです。

東大生たちによって運営される「ヒストリックラリー参戦プロジェクト」への参加は1年限りと決められていて、同じ学生が翌年も関わる事はできません。 従って、今回参加している学生にとっては何もかもが初めてのことばかりになります。と同時に私にとっても今まで走ってきたスピードラリーとはかなり違う環境の中での戦いでした。
ナビゲーションが主体のラリーで、頼みの綱であるラリーコンピュータが最初から使えなかったことに加えナビゲーターの学生が緊張のためかひどい車酔いに悩まされたこと。車が燃料系のトラブルを最後まで抱えたままであったことやサービスの作業に手間取ったこと。予想していた事や予想していなかった事 の連続でまさに初出場した時の『パリ・ダカ』さながらで、8年振りにヨーロッパのラリーでハンドルを握るというシチュエーションまで似通っており不思議な因縁を感じました。
余談ですが、スペインは『パリ・ダカ』や『スペインバハ』、『レース オブ チャンピオン』等で何度も走った地です。おかげで篠塚建次郎を見知っている現地のマスコミや多くのモータースポーツファンが大歓迎してくれました。 「ヒストリックラリー参戦プロジェクト」は4月から新3年生の募集をスタートします。私もドライバーとして次回の参加依頼を引き受ける予定です。 今回の経験からどう戦うかのノウハウは掴めました。
応援をよろしくお願いします。生涯現役を継続していく上での大きな支えです。
2015年3月4日(水) ヒストリックカーラリー“コスタブラバ”に出場
 2015年の活動第一弾として篠塚建次郎はスペインのカタルニア地方で3月13日,14日に行われるヒストリックカーラリー“コスタブラバ”に出場致します。ヨーロッパではヒストリックカーラリーはポピュラーなラリーで、 中でも“コスタブラバ”は歴史があり約100台が出場するビッグイベントです。 昨年の11月に東大工学部の学生からオファーがあり実現に至りました。
また、篠塚が乗る出場車が1973年に発売された初代三菱ランサーGSRであることから全国の三菱自動車販売会社の応援も決まりました。
ラリー終了後に、各販社のショールームにポスターが貼られるようです。
2015年3月3日(火) 『スノードライビングスクール』『スノートライアル』 閉校
 雪の降り方や路面の凍り方がベストの状態で、充実した『スノードライビングスクール』と『スノートライアル』を展開することができました。今季も雪がたくさん降りましたが、昨年のように孤立してしまうような事態になることもなく、思いきりウインタースポーツが楽しめると大好評でした。
来季はさらに楽しめるよう中身の濃いプログラムを準備したいと思いますので期待して待っていてください。
2015年2月14日(金) NEXCO東日本『ウインタードライビングスクール』in Naeba 終了
 数年前から恒例となっているNEXCO東日本『ウインタードライビングスクール』は毎冬2カ所で開校しており、12月の“サッポロテイネスキー場”でのスクールも今回の“苗場プリンススキー場”でのスクールも、参加者の皆さんに大変喜んでいただけたようです。 もっと大勢の方が雪道や凍った路面を自信を持って安全運転走行できるよう、 いろいろな場所でスクールが展開できればと考えています。

2015年1月30日(金)~31日(土) 第9回『BICC Rally of Tsumagoi 2015』でゼロカー
 第9回『BICC Rally of Tsumagoi 2015』でゼロカーに乗ってきました。
開催地の群馬県嬬恋村はモータースポーツ発祥の地と言われいて、 僕にとっては縁のある大好きなところです。
全国から大勢のラリーファンが集まって来ておおいに盛り上がった2日間でした。
余談ですが、夏秋キャベツの生産が日本一なんだそうですョ。

2015年1月15日(木) スノードライビングスクール、開校してます!
 少し遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます!
昨年の12月21日より、恒例のスノードライビングスクールが八ヶ岳グレイスホテルにて開校してます。
今回は路面のコンディションが良く、よりテンションの高いスノートライアルも楽しめます。
また、今年から始めた「同乗体験」が好評です。篠塚建次郎の運転で女性でも車が路面を滑るスリルと 面白さを満喫できます。